【OKIMO TWS-P10S レビュー】スマホを充電できる完全防水ワイヤレスイヤホン

okimo tws-p10s

どーも!ほくろん @hokurong です!

僕は通勤時やちょっとした休憩のときにワイヤレスイヤホンで音楽を聴いたり、YouTubeを見ることが多いんですが、ワイヤレスだとBluetoothを使用するのでバッテリーの減りが早いんです…。

なのでモバイルバッテリーも常に持ち歩いてるんですけど、若干かさばるんですよね…。

そんな中、ワイヤレスイヤホンにスマホを充電できる機能を搭載した商品はあるかなーって探していたら…

あったんです、ワイヤレスイヤホンなのにモバイルバッテリーを併せ持つ代物が

それが「完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10S

というわけで、本記事は「完全ワイヤレスイヤホンOKIMO TWS-P10S」について使ってみた感想などをレビューしていきます。

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sの概要

OKIMO TWS-P10S」はIPX7完全防水仕様で、イヤホンにも関わらずモバイルバッテーリーとしても利用できる最新のワイヤレスイヤホンです。

IPX7防水機能

「一時的に(30分)一定深水(1m)の条件に水没しても内部に浸水しないもの」と定義されている防水規格

同梱品は以下のとおりです。

TWS-P10Sの同梱品

  • 充電式収納ケース
  • Bluetoothイヤホン
  • USB充電ケーブル
  • イヤーピース×5(L/M/S)
  • ユーザーガイド
  • 収納バッグ

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sの外観

充電式収納ケースは光沢のあるピアノブラックで、かなりおしゃれな見た目です。

ケース上蓋には「OKIMO」のロゴがシンプルに印字されています。

OKIMO TWS P10Sの外観

サイズも手のひらに収まるコンパクト設計なので、イヤホンと収納ケースを含めた重量も96gと軽めに造られています。

OKIMO TWS P10Sの重量

充電式収納ケースの上蓋を開けるとイヤホンが横並びに2つ収納されており、磁力によって吸い付くように収納できるのも魅力のひとつ。

ほくろん
収納スペースにイヤホンを近づけると自然に収まってくれるので、入れ損なって落としてしまう心配もほとんどありませんよ!

収納ケース側面には以下の2つのポートが搭載されています。

2つのポート

  • 充電用MicroUSBポート
  • 出力用USBポート
こちらが充電用MicroUSBポート

OKIMO TWS PaCO210SのMicroUSBポート

こちらが出力用USBポート

OKIMO TWS PaCO210SのUSBポート

ほくろん
この出力用USBポートにケーブルを接続すればスマホを充電できますよ!

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sの装着感

イヤホンの装着形態は基本的に以下の3つに分類されます。

イヤホン装着形態

  • カナル型
  • インナーイヤー型
  • 耳かけ型

OKIMO TWS-P10Sは耳の表面にある耳介にひっかけるように装着するインナーイヤー型にあたります。でもただのインナーイヤー型ではありません。

人間工学に基づいて設計されたデザインなので、あたかもカラダの一部のようにジャストフィットします。

OKIMO TWS PaCO210Sの装着感

ほくろん
ジャンプしても外れないので、ホールド性は抜群!

しかもイヤホン単体の重さは、たったの10gなので長時間装着していても疲労することはありません。

OKIMO TWS PaCO210Sのイヤホン重量

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sの初回ペアリング

初回のみペアリングの設定をしないといけませんが、次回からは収納ケースからイヤホンを取り出すだけで自動的に接続されます

OKIMO TWS-P10Sは初回ペアリングさえも超絶簡単で、2ステップで完了します。

STEP.1
イヤホン取り出し
蓋を開けて左右のイヤホンを取り出す
STEP.2
ペアリング
スマホのBluetoothをオンにして「P10S」を選択する。以上!
ほくろん
ここまで簡単だと混み合った電車内でもストレスフリーでペアリングできますよ!

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sの実機レビュー

OKIMO TWS-P10Sを実際に使ってみて良かった点は以下のとおりです。

良かったポイント
  1. 最新LEDディスプレイでカッコいい!
  2. 指一本で思い通りの操作が可能
  3. モバイルバッテリーとしても活躍

OKIMO TWS-P10Sは最新LEDディスプレイでカッコいい!

この最新LEDディスプレイに一目惚れして購入を決意したといっても過言でないくらいカッコいいです。

最新LEDディスプレイとやらはこんな感じ。

ほくろん
男性なら所有欲が刺激されること間違いなしです!

LEDディスプレイには収納ケースとイヤホンの電池残量を別々に表示してくれます。

  • 真ん中の数字:収納ケースの電池残量
  • 両サイドのインジケーター:イヤホンの電池残量

OKIMO TWS-P10SのLEDディスプレイ

収納ケースにいたっては、「1%単位」で表してくれるので、かなり便利です。

ほくろん
洗練されたカッコいいデザインだけでなく、便利さも兼ね合わせた素晴らしいワイヤレスイヤホン!

OKIMO TWS-P10Sは指一本で思い通りの操作が可能

OKIMO TWS-P10Sはイヤホン側面をタッチすることで、実にさまざまな操作ができます。

OKIMO TWS-P10Sの側面

操作方法と項目

1回タップ 音楽再生/一時停止/着信応答/電話を切る
2回タップ 曲戻し(L側)/次の曲(R側)
長押し(2秒以上) Siri起動
長押し(3秒以上) 音量-(L側)/音量+(R側)/着信拒否

以前レビューしたApple AirPodsにもタップ機能が搭載されているんですが、左右のダブルタップしか設定できないんですね。

それに比べてOKIMO TWS-P10Sは豊富なタップ機能を取り揃えてくれているので、かなり便利です。

ほくろん
慣れると直感的に操作できるので、この機能は大いに役立ちます!

OKIMO TWS-P10Sはモバイルバッテリーとしても活躍

やはりOKIMO TWS-P10Sの一番の特長は、なんといってもモバイルバッテリーとしても利用できることです。

従来の有線イヤホンだとそこまでバッテリーを気にする必要がなかったのですが、ワイヤレスだと充電の減り具合が早くなるんですね。

ほくろん
今や生活にスマホは必要不可欠なので充電がなくなってしまっては大問題…。

そんな悩みを解決してくれるのがOKIMO TWS-P10Sの充電機能!

OKIMO TWS-P10Sのバッテリー容量は約3,500mAhなので最新のiPhone XS Maxでも1回分の充電が可能です。

ほくろん
ユーザーの心を鷲掴みにする素晴らしいサブ機能!

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sのスペック

スペック一覧を表にまとめたので、良ければご確認ください。

Bluetoothバージョン V5.0
Bluetooth通信距離 10m
充電ケースサイズ 81×54.5×27.1㎜
待機時間 125時間
通話時間 3〜5時間
音楽再生 約3時間
バッテリー Polymer Lithium Battery
イヤホン電池容量 45mAh
充電ケース電池容量 3500mAh
充電コネクタ USB Micro 5Pin/5V/1A
インピーダンス 16Ω
対応機種 iOS/Android/Windows
技適認証番号 204-920071

完全ワイヤレスイヤホン OKIMO TWS-P10Sレビュー|まとめ

こんな人におすすめです
  • カッコいいワイヤレスイヤホンが欲しい
  • スマホの充電が減りがち
  • モバイルバッテリーを持っていない
  • 持ってるけどかさばるのが嫌

今回は「【OKIMO TWS-P10S レビュー】スマホを充電できる完全防水ワイヤレスイヤホン」について書きました。

OKIMO TWS-P10Sはスマホも充電できるといった痒いところに手が届いた商品です。

実際に使ってみて感じた惜しい点は、収納ケースからイヤホンを取り出しづらいこと僕が乾燥肌ということもあって、最初のうちは取り出しにくかったんです。

ほくろん
でも何回か使ってるうちに慣れてきて、コツを掴んだ今はまったく気になりません!

IPX7規格の完全防水なので、湯船にゆっくり浸かりながら音楽を楽しむこともできます。

使い方は人それぞれ、自分に合った使い方を見つけて毎日を“ちょっとだけ”充実させてみませんか?

以上、ほくろん @hokurong でした!