【THE NORTH FACE シャトルデイパック レビュー】整理が苦手でも整頓できるビジネス向けリュック!

ノースフェイス シャトルデイパック

どーも!リュック大好き
ほくろん @hokurong です!

若者から中年まで幅広く支持されている「THE NORTHノース FACEフェイス」からビジネスユース向きのリュックが販売されたのでご紹介します。

それは「THE NORTH FACE シャトルデイパック

「THE NORTH FACE」のリュックといえば、フロントにドでかくロゴマークがプリントされた「BC ヒューズボックス」が印象的だと思います。

BCヒューズボックス

ただ「THE NORTH FACE シャトルデイパック」はロゴが控えめにプリントされているので、落ち着いた雰囲気を醸し出してくれる、そんな大人向けのリュックに仕上がってます

実際に使ってみて、良いところだけでなく悪いところも含めて正直にレビューしていきたいと思います。

購入を考えてる人は、ぜひ参考にしてください!

THE NORTH FACE シャトルデイパックの外観レビュー

前から

長方形でコンパクトにまとめられており、かなりシンプルな外観。

シャトルデイパックの前からの写真

安物のリュックにありがちな「光沢のあるナイロン」ではなく、防水・耐久性ともに定評のある「コーデュラナイロン」を採用してます。

手触りは「ザラザラ」でもなく「ツルツル」でもなく、わずかにナイロン繊維が皮膚に引っかかるほどの心地よい感触を実現してくれいてます。

そしてさらにデザインを引き立ててくれているのが、このロゴマーク。

シャトルデイパックのロゴマーク

同色系統のロゴマークがプリントされていることで、ベースカラーのブラックをギュッと引き締め、大人をも魅了する洗練されたデザインへと仕上がっています

後ろから

後ろ姿もコンパクトなスリム設計。

シャトルデイパックの後ろ

ブラック一色で染めずハーネス先端にグレーを織り交ぜることで、素っ気ない単色カラーから回避させています。

また特筆すべきはこの「背当て面」。

シャトルデイパックの背当て面

まるで南極大陸に存在する氷山を連想させるような、今まであまり目にすることのないデザインです。

当たり前ですが、氷山のように硬いわけではなく、衝撃をしっかりと吸収してくれるクッション性あふれる機能が備えられています

グラブハンドル

THE NORTH FACE シャトルデイパックはクッション性の良い2本のグラブハンドルを設けています。

シャトルデイパックのグラブハンドル

重たいPC収納スペースやメイン収納部を挟むようにして備え付けられているので、リュックを縦持ちにしても型崩れが起こりにくい設計になっています。

縦持ちしている写真

ほくろん
縦持ちでもサマになるリュックですよ!

THE NORTH FACE シャトルデイパックの内観レビュー

THE NORTH FACE シャトルデイパックは収納ポケットが豊富に造られていて、各ポケットが隔てられているのでかなり使い勝手が良い設計になっています。

そんな使い勝手の良い収納ポケットについてみていきましょう。

ジッパー付きフロントポケット

THE NORTH FACE シャトルデイパックのフロント部分にはジッパー付きのポケットが2つ取り付けられています。

シャトルデイパックのフロントポケット

ほくろん
まずフロント上段のポケットから!

フロント上段にある収納ポケットはこんな感じです。

シャトルデイパックのフロントポケット

向かって左側のポケットはiPhoneXsが収まるサイズ感で、右側はジッパー付きのメッシュポケットになっています。

ほくろん
メッシュ生地ポケットは何が入ってるのか一目でわかるので、とても便利ですよ!

次にフロント下段のポケットはこんな感じ。

シャトルデイパックのフロントポケット

ほくろん
なかなか撮りづらくて見にくい写真になってしまいました、すみません…。

仕切れらた3つのアクセサリーポケットが備えられていて、スマホやポケットWi-Fiなどが収納できるほどの大きさです。

アクセサリーポケット

PCや書類、タブレット専用コンパートメント

多くのリュックはメインコンパートメント(メイン収納)の中にPC収納スペースが仕切られた設計になっています。

THE NORTH FACE シャトルデイパックはメインコンパートメントとPC収納スペースが完全に分離しているのが特長です。

メインとPC収納が分離してる

そんなPC専用コンパートメントを開けてみると、PCだけでなくタブレット端末や書類までもが整理できるように区画分けされているのです。

PC収納ケースの中身

ほくろん
PCやタブレットを持ち歩く機会の多い人にとってはかなり便利な設計になってます!

メインコンパートメント

フロントポケットとPC専用コンパートメントの間にある収納スペースがTHE NORTH FACE シャトルデイパックのメインコンパートメントになります。

フロント、メイン収納、PC収納

メインコンパートメントは収納ポケットがないので、たくさんの荷物を仕まうことができる大容量コンパートメントとなってます。

メインコンパートメント

THE NORTH FACE シャトルデイパックは小物収納ポケットが豊富!

整理整頓が苦手な人にとっては、とても嬉しい機能です。

小物収納スペースがたくさん用意されてるので、小物アイテムを持ち歩くことが多い人でも一度収納場所さえ決めておけば、ゴチャゴチャにならずに済みます

ほくろん
整理整頓しておけば、頭の中をクリアにできて心身ともにちょっとした余裕ができますよ!

THE NORTH FACE シャトルデイパックはスーツでも合わせやすい!

今や「スーツ+リュック」といったスタイルが浸透してきましたが、少し前まではタブーとされていました

どうしてもリュックはカジュアルな印象を与えてしまうため「公私混同しているのでは?」と否定的な意見が散見されていたからです。

でもTHE NORTH FACE シャトルデイパックはカジュアルな要素がなく、むしろスーツに合わせるために作られたのではないかと思わせるくらいシンプルなデザイン

スーツにも合うシャトルデイパック

普段の通勤でも、ちょっとした出張でもさまざまな場面で使える最高のリュックです!

ほくろん
1泊程度の出張なら問題ない収納力も踏まえていますよ!

THE NORTH FACE シャトルデイパックのサイドポケットが小さすぎる件

多機能でデザインも申し分ないシャトルデイパックですが、唯一の弱点といえばサイドポケットが小さすぎることです

例えば500mlのペットボトルを収納するのにサイドポケットをよく利用すると思いますが、なぜか500mlのペットボトルが入らないほど小さく設計されているんです…。

最近のリュックはサイドポケットがスタイリッシュ性に欠けるという理由から、あえて付属させない商品が製造されています。

ほくろん
そんな時代の流れからなのか、何なのかは分かりませんが…。

どのくらいコンパクトなのかと言いますと、細めの指3本分くらいしかありません。

シャトルデイパックのサイドポケット

たしかに小さいのですが「デザインの最先端を走っているリュック」とも捉えられますし、今後はこのようなリュックが販売されてくることを考えると、今のうちに慣れておいたほうが良さそうですね。

ほくろん
ただ絶対にペットボトルはサイドポケットに入れたい!って人は違うリュックを購入しましょうね!

THE NORTH FACE シャトルデイパックのスペック

表地 1050Dコーデュラバリスティックナイロン
480Dコーデュラナイロン
ポリエステルヘザー
収納可能サイズ 21-30L
留め具の種類 ファスナー
大きさ 縦46cm × 横29cm × 奥行14cm
ポケットの数 11(外側4、内側7)
重さ 1,000g

THE NORTH FACE シャトルデイパック レビュー|まとめ

こんな人にオススメ
  1. スーツに合わせたいビジネスユース
  2. 1泊2日程度の出張によく行く
  3. 小物アイテムをよく持ち運ぶ
  4. どんな服装にも合うリュックを探してる
  5. 整理整頓するのが苦手…

今回は「【THE NORTH FACE シャトルデイパック レビュー】整理が苦手でも整頓できるビジネス向けリュック!」について書きました。

リュックって小物アイテムをはじめ、いろいろな荷物を詰め込んでしまいがちです。

使わないアイテムでも「いつか使うかもしれないからとりあえず入れておこう」といった心理が働いてしまい、その結果としてリュック内がどんどんゴチャゴチャに…。

でもTHE NORTH FACE シャトルデイパックは小物収納スペースがたくさん設けられていますので、「モノの住所」が決めやすく自然に整理されていく、そんな優れたリュックです。

モノの収納場所をちゃんと把握しておくことで、ストレスなく瞬時に取り出すことができ、快適な生活をサポートしてくれますよ!

ほくろん
整理が苦手な人に、特にオススメしたいリュックです!

今回は以上です!ほくろん @hokurong でした!